ホーム > 注目 > オリーブオイルにはこんな種類がある

オリーブオイルにはこんな種類がある

バージンオイルは、エクストラ・ファイン・オーディナリー・ランパンテといった種類に分類する事ができ、各々で酸度が異なります。
上質な風味や味わいを感じられ、材質そのものの良さを満喫できるでしょう。
余分な手を加えていないために、ダイレクトに風味や酸味などを感じる事ができます。
前者は多くの事例、オリーブオイルとだけしか表記されておらず、目にする事が多々あるのはこのタイプと言えるでしょう。
種類としては、ピュアオリーブ・オリーブポマースが挙げられます。
これも他にも種類があり、精製オリーブ・精製オリーブポマースがそうです。
提供時には表記がされているため、種類間違いをする事もないはずです。
これは科学的に還元をするというプロセスが加わったタイプで、普通には調理に使用されています。
前者はランパンテを精製したもので、色をすり合わせしたりニオイをなくしたりする手が加えられています。
調理用として使用する事が殆どです。
それぞれで特色が異なりますので、それを踏まえた上での選択がイチ押しされます。
オリーブポマースも純粋オリーブと同じ原理で作られていますが、混ぜ合わせ材質に差異があります。
続いて挙げられるのが精製オリーブオイルです。
後者もランパンテを精製しており、こちらは搾りかすから有機溶剤を利用し抽出しているのがトレードマーク的です。
色々な料理に活用されているオリーブオイルですが、その実何個かの種類が影響します。
真っ先に挙げられるのがバージンオイルで、オリーブをろ過しただけという天然ものであるのがトレードマークです。
中でも酸度が低いエクストラは、フルーティーさを感じられるのが醍醐味で、優れた風味は食用として最適です。
以上のようにいくつかの種類がありますが、天然に拘る時はバージンオリーブがベストチョイスと言えます。
バージンオイルと精製オリーブオイルを混ぜ合わせて作っています。
最後に挙げられるのが、いわゆる一般的のオリーブオイルで、オリーブオイルと言えばこのタイプを指す事が多く、スーパーなどでもよく売られている物です。